自分の似顔絵でほうれい線に気づかされた俺

40歳を過ぎたときに仕事場の事務所で皆の似顔絵付クリップを作ろうって、30代の同士が言いました。

似顔絵は柔和を用い、その人のお家芸を一部分づつ選んで似顔絵を作成して行く手法でした。

当時僕は髪が長く頬骨が激しく、瞳はガラリチリ瞳で面持は細長とそこまではよく似たイラストが仕上がってきたんですけれど、その後のお家芸がほうれい線でした。

自分では年代のわりに若々しく見えてほうれい線などあるわけないとしていたのですが、30代の同士からは断然ほうれい線が映るのでしょうお家芸として書き込んでいました。

こう敢然とイラストとしてそれぞれをみると40年齢をすぎれば仕方がないかと、甘んじてその事実を受け止めましたが、決意穏やかではありませんでした。

ちゃんとそれほどほうれい線が目立っているのかどうか、今すぐにでも鏡で確認したく陥る心地なのは言うまでもなく、同様が隠せないワンデイとなりました。

帰国後は当然フェイス構成もして、念入りなお手入れをしたのはやっぱりで、真新しい化粧品を探そうと必死にネットで40値段からの化粧品はどんなのがよいのかという見いだす夜になりました。

ほうれい線は老化現象のひとつですが、見て見ぬふりをしてきた魂胆はなくいつものほめせりふにあぐらをかいていた自分がいたようです。

この先似顔絵を見るたびにお手入れをがんばろうって誓うのでした。介護だけじゃない。医療の分野でも活躍できる資格があった。

自分の似顔絵でほうれい線に気づかされた俺